team blog 福田 栄史

メールを送ってくれるのはあなただけ

  1. HOME >
  2. team blog >

メールを送ってくれるのはあなただけ

先日『追客自動化ステップメール』をご使用の仲介業者様(以下A社様)からこんな話を頂きました。

以前、一括査定からの反響でマンションの売却相談を受けたそうです。

相談者はご年配のご夫婦で、ご所有のマンションを売却して今後の生活資金にしようと思うとのことでした。

反響発生時は複数の仲介業者から連絡がひっきりなしに来ることでお客様も疲弊してしまい、かつお客様が田舎の戸建てを購入するか、遠方にいる娘夫婦と同居するか、そういった人生プランも含めてお考えだった為、一度ゆっくり考えたいと話が流れたそうです。

A社様はいつも、ひとまず反響が発生したタイミングですぐに『追客自動化ステップメール』の顧客登録を行っているそうで、今回のケースでも同様でした。

 【半年後】お客様から急に連絡が来た

そして売却相談から半年後、突然お客様から連絡がA社様宛てに来たそうです。

「売却する流れを含めて相談したい。」

A社様は特段こちらから電話などを定期的に行っていなかったので、突然の連絡に少々驚いたそうですが、話を聞いてみると、その時点で話をしているのはA社様だけとのこと。

競合もいない為、双方ゆっくり話を進めることができ、最終的に専任で媒介契約を取得することができたそうです。

そして媒介契約を結ぶ際に奥様から言われたのが、

「他の会社はすぐに連絡がなくなったけど、その後もメールをおくってくれたのはあなたの会社だけよ」

という一言。

反響発生時すぐはお客様の態度も固かったそうですが、長期的にメールを送ることで信頼関係が出来上がっていて、感謝までされたそうです。

A社担当者様
こちらは最初に名前とメールアドレスを登録しただけなのに、御礼まで言われてしまって、有難い反面、申し訳ない気分でしたよ(笑)

A社様もそう仰っていました。

つまり今回のケースでは、追客といっても、長期的に半年以上連絡をとれている会社は、A社様だけだったということです。そこで自然と差別化が出来ていたんですね。

長期追客の重要性

今回のケースで私が実感したのが、追客は何をするかよりも、継続することが大事ということです。しっかりとスケジュールを組んで、長期的に連絡をしていくことで、成果に繋がるのだと思います。

極論ですが、メールに限らず、電話や手紙でも、そうした成果は得られると思います。

ただ、A社様も仰っていましたが、「自分で全てのお客様に連絡をするのは絶対に無理。というかやりたくない。」というように、個人で継続するとなると、中々大変の様です。

そうした仲介業者様の大変さを『追客自動化ステップメール』で解決できればと思っています。

▼追客ステップメール資料請求▼

追客ステップメールに興味のある方はまずは資料請求から行ってみてください。


 

-team blog, 福田 栄史

© 2020 ミカタ株式会社